異 郷 有 悟 ?

アクセスカウンタ

zoom RSS 正倉院展鑑賞パート2

<<   作成日時 : 2005/11/11 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
年の(2005)の正倉院は、ネットで調べてみると囲碁・舞や珍しい素材の物などが展示されていたようです。

ういえば碁盤・木画紫檀棊局(もくがしたんのききょく)なるものは、引き出しが付いていて片方の引き出しを開くと反対側の引き出しも同時に開くというおもわず「いい仕事してますねぇ〜!」と言ってしまいそうな物でした。

石もあったのですが、普通は白と黒だけど今回展示されていた物には赤や青色に鳥の絵が描かれた物がありました。細かいながらもしっかり描かれていてとても綺麗でした。

書・伝票物の中に、目についたものとして大粮申請継文(たいろうしんせいつぎぶみ)なるものがあり、これは役所の職員の給与を民部省に請求した物で、当時の職員の生活を知る貴重な資料とされているが、そんなものまで細かく保存されていたのにはビッlクリさせられた。

しい素材の物の中には、サイの角でできた孫の手(肩をたたく丸い物はナイ)やサイの角そのままでできた酒杯(サイの角は皮膚が硬くなった物なので加工しやすいらしい・・・)などがあり珍品でした。

て、写真の食品は何かと言うと、ゴマ豆腐?いいえ・・・奈良駅で見つけた古代プリンという物で、6世紀頃、大陸より伝わった“酥”{(そ):牛乳または羊乳を煮詰めて濃くしたもの}をプリン風に仕上げた物らしい・・・が、食べてみるとチーズケーキのような感じでもあり“まいう〜!!”でした。
\(^ ー^)/
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
正倉院展鑑賞パート2 異 郷 有 悟 ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる